れむろぐ
音楽

アイカツ歌唱担当という究極の憑依型アイドル

アイカツ歌唱担当(STAR☆ANIS&AIKATSU☆STARS)

私は30歳をすぎていますが、女児向けのアニメを見ることも多いです。

数年前からは「アイカツ」シリーズにのめり込んでいます。

作品名からして単なるアイドルもののように見えますが、
何故アイドルに興味のない私がハマってしまったのでしょうか?

ここからは、ハマった最大の要因を書いていこうかと思います。

歌唱担当という斬新なシステム

「アイカツ」の魅力の一つは、楽曲のクオリティの高さにあるでしょう。

キャラクターが歌を歌うアニメはたくさんありますが、
歌声も声優が直接当てているケースがほとんどだと思われます。

しかし、このコンテンツは「歌唱担当」という独特なシステムを採用していました。
(※現在のシリーズでは担当声優が直接歌声を当てるようになっています。)

なんと…声優じゃなくて別人が歌声を当てるという荒業に出たのです。

まさに唯一無二のコンテンツだったと言えるでしょう。

一人で複数のキャラクターの歌声を演じ分けているのも特徴です。

この動画を見れば彼女たちの凄さが分かるかと思います。

この動画では歌唱担当による歌声が収録されています。

中には4人~5人ものキャラクターを担当しているメンバーもいます。

実際に歌っている姿も本当にアニメの中から出てきたかのような感じなんですよね。

作中のアイドルたちが憑依しているといってもいいでしょう。

さらに途中で卒業した以下の3人の歌声も収録されています。

・すなお(吉河順央)…紫吹蘭、風沢そらの歌唱担当(初代)
・もえ(山崎もえ)…藤堂ユリカの歌唱担当(初代)
・もな(巴山萌菜)…夏樹みくる、氷上スミレ歌唱担当(初代)

初代と二代目で聴き比べてみるのも面白いでしょうね。

STAR☆ANISのメンバー紹介

まずは、STAR☆ANISとして活動していたメンバーを紹介します。

STAR☆ANISのメンバー

「アイカツ」シリーズが始まった当初から作品を盛り立ててきた功労者です。

わか(霧島若歌)

星宮いちごの歌唱担当

STAR☆ANIS「わか(霧島若歌)」

わかさんの顔写真を初めて見た時はクールな印象を受けたのですが、
この作品ではいちごちゃんの可愛らしい歌声を見事に再現しています。

現在はふうりさん、りすこさんと共に「Mia REGINA」として活動しています。
(「Mia REGINA」はアニメソングの主題歌を担当することが多いみたいです。)

ふうり(上花楓裏)

霧矢あおい音城セイラ夏樹みくるの歌唱担当

STAR☆ANIS「ふうり(上花楓裏)」

おっとりして可愛らしい雰囲気からは想像できないパワフルな歌声が魅力的です。

特にセイラちゃんの歌声はロックでかっこよくて最高すぎますね。

現在はわかさん、りすこさんと共に「Mia REGINA」として活動しています。

りすこ(ささかまリス子)

神崎美月の歌唱担当

STAR☆ANIS「りすこ(ささかまリス子)」

歌い方も立ち振る舞いも美月さんそのもの!!

「Moonlight destiny」の後半部分は聴いた時に鳥肌が立ったのを覚えています。

現在はわかさん、ふうりさんと共に「Mia REGINA」として活動しています。

れみ(美谷玲実)

有栖川おとめ藤堂ユリカ藤原みやびの歌唱担当

STAR☆ANIS「れみ(美谷玲実)」

全然タイプの違うアイドルの歌声を歌い分けています。

特におとめ→ユリカの流れは凄すぎるとしかいいようがないです。

えり(愛野えり)

北大路さくら姫里マリア風沢そら栗栖ここねの歌唱担当

STAR☆ANIS「えり(愛野えり)」

ドリームアカデミー所属のアイドルを2人も担当しています。

・ドリームバルーン
・fashion check!(ドリアカver)
・トワイライトエトランゼ

…など1人2役(マリアちゃん&そらちゃん)で歌唱する楽曲も多いです。

ゆな(市倉有菜)

一ノ瀬かえで冴草きい紫吹蘭神谷しおんの歌唱担当

STAR☆ANIS「ゆな(市倉有菜)」

ヤンキーっぽい雰囲気が最高です。(でも、中身はヤンキーではない。)

楽曲「新・チョコレート事件」ではかえでちゃん、きいちゃんの一人二役を担当。

一人二役で歌い分けていることを知った時は驚きました。

AIKATSU☆STARSのメンバー紹介

続いて、後継ユニット「AIKATSU☆STARS」の紹介です。

AIKATSU☆STARSのメンバー

当初はあどけない雰囲気だった彼女たちも先輩たちに追いつくべく、
数多くの楽曲をこなしながら表現能力を伸ばしていきました。

るか(遠藤瑠香)

大空あかり白鳥ひめ双葉アリアの歌唱担当

AIKATSU☆STARS「るか(遠藤瑠香)」

最終時のメンバーの中では唯一STAR☆ANISと兼任しています。

STAR☆ANISでは一番後輩で末っ子ポジションでしたが、
こちらでは最年長として他メンバーを引っ張っていました。

あかりちゃんの時はあどけなさが残る歌声ですが、
ひめ先輩の時はしっとりとした大人っぽい歌声に!!

完全に切り替えているところが凄すぎます。

みき(未来みき)

新条ひなき早乙女あこの歌唱担当

AIKATSU☆STARS「みき(未来みき)」

担当アイドルはポップタイプばかりですが、みきちゃん自身もかなりポップ。

ラジオなどでは天然キャラを発揮して場を盛り上げていたのが印象的です。

みほ(天音みほ)

紅林珠璃大地のの香澄夜空花園きららの歌唱担当

AIKATSU☆STARS「みほ(天音みほ)」

セクシータイプのアイドルが似合っているのですが、
きららちゃんで本領を発揮したような感じがします。

甘い歌声が見事にフィットしていましたね。

ななせ(松岡ななせ)

黒沢凛白樺リサ如月ツバサ白銀リリィ七倉小春の歌唱担当

AIKATSU☆STARS「ななせ(松岡ななせ)」

5人のキャラクターを掛け持ちして歌い分ける猛者。

ボーイッシュでかっこいい系のアイドルの歌唱を多く担当しています。

歌声があまりにもかっこよすぎて推しになってしまいました(笑)

かな(星咲花那)

天羽まどか堂島ニーナ香澄真昼二階堂ゆずの歌唱担当

AIKATSU☆STARS「かな(星咲花那)」

歌声が透き通っていて綺麗&歌声がブレない凄い人。

代替わりしたバージョンの「episode Solo」では一人二役を担当していました。

一つの曲で真昼ちゃんとゆず先輩の歌声を歌い分けていたのは凄かったです。

せな(堀越せな)

虹野ゆめの歌唱担当

AIKATSU☆STARS「せな(堀越せな)」

「アイカツスターズ!」から加入したメンバーの一人です。

小さくて可愛いけど歌声はパワフル!!本当にゆめちゃんみたい!!

こんな逸材がいたとは…と思いました。

りえ(藤城リエ)

桜庭ローラ氷上スミレ騎咲レイの歌唱担当

AIKATSU☆STARS「りえ(藤城リエ)」

「アイカツスターズ!」から加入したメンバーの一人です。

作品ファンで記念としてオーディションを受けて合格したこともあり、
加入した後もしばらくファン気分が抜けなかったみたいです。

可愛さ重視のせなちゃんとは対極的でクールな歌声が魅力的でした。

でんぱ組.inkのメンバー紹介

でんぱ組.inkのメンバーも「りさ」「えいみ」として参加していました。
(※作品に参加していなかったメンバーについては省略します。)

STAR☆ANISとAIKATSU☆STARSは作品内のユニットでしたが、
でんぱ組.inkは既存のユニットで知名度もかなり高いですね。

でんぱ組.inkの時とは違う雰囲気を出していて凄みを感じさせられます。

りさ(相沢梨紗)

ヒメ(光石織姫)エルザフォルテの歌唱担当

でんぱ組.ink「りさ(相沢梨紗)」

でんぱ組.inkは芸歴も知名度もずば抜けた存在なだけあり、
担当するのはどちらもレジェンド級のアイドルとなっています。

えいみ(成瀬瑛美)

ミヤ(星宮りんご)の歌唱担当

でんぱ組.ink「えいみ(成瀬瑛美)」

りささんと同じくレジェンド級のキャラクターを担当していますが、
楽曲が「Wake up my misic」くらいしかないのが心残りですね。

ちなみにえいみさんは後にプリキュアで主役を担当することになります。
(「スター☆トゥインクルプリキュア」の星奈ひかる=キュアスター)

あやね(藤咲彩音)

音城ノエルの歌唱担当

※2020年4月以降の追加情報です。

まさかのでんぱ組.inkからの参加…これはびっくり!!

ノエルちゃんにあやねさんの歌声は合わないのでは…?と思いましたが、
本当にノエルちゃんがそのまま歌っているみたいで凄かったです。

かなり細かいところまで研究されたのでしょうね。

ちなみに以下の2曲に参加しています。

・トワイライトエトランゼ
・In bloom

ファンなら聴いておくといいでしょう。

「ユニパレDX」開催中止という悲劇

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で様々なイベントが開催中止に追い込まれ、
3月に開催される予定だった「ユニパレDX」も中止が決定してしまいました。

アイカツ「ユニパレDX開催中止のお知らせ」

公演のブルーレイが発売されたら買おうと思っていたのに…

楽しみにしていたので公演中止のショックは大きいです。

数年後に「ユニパレDX」が開催されれば~と思うのですが、
さすがに同じ内容で開催されるのは絶望的かもしれませんね。

「アイカツ」のシステムを現実世界で再現すべし

「アイカツ」シリーズではアイドルたちがステージをやっている時、
ファンはアバターを配置することができることが可能となっています。

アイカツ「ライブの世界観」

リモートでステージが観賞することができるようになるわけです。

これなら感染症対策も徹底できそうな気がします。

「アイカツ」の世界観を現実世界でも完全再現してほしいものですね。

まとめ

「アイカツ」の歌唱担当について紹介させて頂きました。

複数のキャラクターの歌声を同時に操る彼女たちは表現者として凄いです。

キャラクターを憑依させることで、変幻自在な歌声が出せちゃうのです。

唯一無二のシステムだったので、廃止されたのはもったいないなと感じます。

システムを復活させてくれればいいのにな~…と思ってしまいました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です